現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

石見焼き

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

すり鉢で料理

ログイン

  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
元重製陶所
石見焼すり鉢専科

新着情報

新着情報をRSS配信中です。

2016年02月24日
山椒のすりこぎ 再入荷しました!
ずっと品切れになっていた山椒のすりこぎがやっと再入荷しました。以前と同じく地元石見産の木で、生産者は谷口さんです。

山椒の木は採取する時期が限られており、また適切な時期に採取したものでも保管している間に虫がついたりすることもあるそうで、扱いの難しい木といわれています。原木自体も減っており、国産品は貴重です。

少々値は張りますが、それだけの価値があるおすすめの一品です。数に限りがありますのでお早めにお求めください。
2014年10月06日
すり鉢屋元重製陶所
何かの勢いですり鉢を買ったけど、すぐに使わなくなって戸棚の奥でひっそり・・・って方 けっこういらっしゃるのでは?時には引っ張りだして使ってやりましょう!そこでぜひ見ていただきたいのが、レシピ検索NO.1 COOKPAD!
料理好きの息子が「すり鉢屋元重製陶所」というネームで、いろいろなレシピを載せています。凝ったぎょうざのレシピから簡単バナナケーキなどのデザートまで幅広く・・・。そこにも何度も書いていますが、ごまはすり鉢でするのがやっぱり一番!!ひとあじ違った胡麻和えや白和えになりますよ、ぜひどうぞ!
2013年11月19日
よくあるご質問2
使い始めはどうしたらいいですか?という質問もよくいただきます。
すり鉢の内側の汚れやほこりを洗い流して、乾燥させてください。内側には重ね焼きの際のくっつき防止のための白い粉がついていますので、それも洗い流してください。一度洗っただけでは粉が残ることがありますが、体には無害なものですし何回か使っているうちにとれます。

くし目が尖っているのが欠けそうで気になるという方は、野菜くずなどを入れて擂ると、くし目の角を丸める効果がありますので最初に行われてもいいかもしれません。

熱湯をかけたほうがいいですか?とも聞かれますが、気持ちよく使いたいと思われる方はされてもいいと思います。よく昔の陶器は熱湯でぐらぐら煮てから使うようにと言われていたようですが、そこまでは必要ありません。

内側にも薄く釉薬をかけてはいますが、もともと吸水性のあるのもですから、
使用後の乾燥が不十分であるとしみやかびの原因になります。使用後はすみやかに洗って、しっかり乾燥させることが大事です。たわしでざっと汚れを落としてから食洗機をお使いになるとすっきりと乾燥してくれます。シリコン付でも大丈夫です。

長いこと使わないでいたら、茶色のしみが・・・ということがよくありますが、台所用漂白剤をうすめてしばらく浸しておくととれます。
2013年10月22日
よくあるご質問
お電話などでよくお問い合わせのあるのは、「日本製ですか?」というご質問です。はい、そうです。いちから当社で作っています。石見産の粘土を水に溶かして攪拌し、網で漉してしぼり固めるところから始まります。詳しいことは元重製陶所のホームページに載せております(http://www.suribachi.jp)) が、とにかく調理に使うものですから原料の粘土はもちろん、釉薬なども体に害のない安全なものを使用することを心がけています。サワグルミのすりこ木は福島から仕入れており、心配される方もありますが、原料となる木は岩手産で残留放射能の検査もしておられます。どうか安心してお使い下さい。
2013年01月16日
安さの秘密は?
年末年始と今年もたくさんのご注文をいただきました。とてもありがたく思っております。

従業員わずか6人の小さな工場ですが、全国のホームセンターに置かれているすり鉢のほとんどは当社のものであると自負しております。なんといっても価格の安さ、品質の確かさが売りです。
独自の機械の導入と作業効率の向上で、この価格を実現してきました。また、窯で焼き上げる際に、すり鉢を重ねて入れることで一度にたくさんのすり鉢を焼けるようにしていることも大きいです。そのため、すり鉢の内側にくっつき防止のための白い粉がついていますが、これは無害なものですし、何回か洗っているうちにとれます。

これからも気に入って使っていただけるすり鉢を作っていきたいと心を新たにしております。
2011年12月20日
みそ汁にもすり鉢!
最近は、すり鉢茶と同じく毎朝のみそ汁にもすり鉢を使っています。みそをすり鉢にとり、だし汁を少しおたまですくってよくすり合わせてから入れるのです。ちょっと(かなり?)手間ですが、とてもおいしくなります。
以前はみそこしの網を使っていたのですが、網に残るカスのようなものが実は体によさそうだなと気になっていました。こうすれば何も残りませんし、料理研究家の辰巳芳子さんも、まちがいなくおいしくなると言っておられました。

朝の忙しい時間は1分でもおしいものですが、ぜひ実践してみてください。
2011年08月23日
エコ包装でお届けします
ネットでご注文いただいた商品は、ほとんどの場合 写真のような簡易包装でお送りしています。すり鉢がむき出しになっているので、届いた時ちょっと驚かれるかもしれませんが、この方が箱に入れるより断然破損が少ないのです。
中身が見えることで一目で陶器だとわかり、
気をつけて扱ってもらえるからだと思います。
見た目はやや悪いですが、段ボールのごみも
減らせて一石二鳥なので、どうぞご理解ご協力
のほどお願いいたします。

おすすめ情報

カラーすり鉢  4号(12cm)~6号(18cm)

カラーすり鉢 4号(12cm)~6号(18cm)

価格(税込) 450 円

涼しげなブルーが人気です。ごまドレッシングたっぷりの洋風サラダをそのまま食卓へ。

カラーすり鉢 7号(21cm)~10号(31cm)

カラーすり鉢 7号(21cm)~10号(31cm)

価格(税込) 1,100 円

カラーすり鉢の中でも一番人気はこの白マット。どんな料理にも合って、料理を引き立てます。

片口すり鉢 大・中・小(色:白、黒)

片口すり鉢 大・中・小(色:白、黒)

価格(税込) 1,000 円

石見焼き独特の片口にすり鉢の目をつけました。昔懐かしい形です。

民芸すり鉢 4.5号(約14cm)  水玉柄

民芸すり鉢 4.5号(約14cm) 水玉柄

価格(税込) 1,100 円

どっしりとした民芸調のすり鉢。小鉢として使ってもしゃれています。

すり鉢を使った料理

ほうれん草の白和え

すり鉢に水気を切った木綿豆腐を入れてなめらかになるまでする。白練りごま、砂糖、塩を加えて味をととのえ、和え衣を作る。 ゆでてだし汁に浸けておいたほうれん草、人参、糸こんにゃくの水気をきり、和え衣で和え、器に盛りつけて出来上がり。




とろろ汁

長芋のとろろ汁。ごはんにかけてどうぞ~♪食欲のない日にもどうぞ。 ねばねば効果、消化をたすけてくれます。







レンコンまんじゅう

見た目は唐揚ぽいですが、作り方は意外と単純です。失敗することもほとんどないし、手軽に美味しく作れます。 あらかじめ熱を加えておいたオリジナル具材をレンコンで包んで揚げるだけです。

このページのTOPへ
Copyright(C)2000-2008 iwamiyaki.com All rights reserved.